Contact address

北竜町 北竜町役場

Information

北竜町0164-34-2111

北竜町0164-34-2117

北竜町

北竜町

北竜町のひまわり年表

年度 内容
平成27年 ・観光ポスターリニューアル
・繁体語観光パンフレット作成
・駐車場看板の設置
・観光センター内WiFiスポット設置
・道新朝刊一面掲載
・合鴨の池用橋新設
平成26年 ・播種後の干ばつにより背の低いひまわりとなるが開花は1週間早
・ダチョウ牧場、バッテリーカー終了
・ロードレース50回記念大会開催
・ひまわり茶用保冷器購入
・ひまわり観光協会ホームページを開設
平成25年 ・春先の天候悪く播種が遅れ、一部品種の変更を行う
・播種後の干ばつで背の低いひまわりとなる
・北竜ライオンズクラブより貸し出し用傘120本寄贈を受ける
・ひまわり咲きちゃん、ノースドラゴン登場
・盆踊りを観光センターで行う
・道新朝刊一面掲載
・来客者数が6年ぶりに20万人を超える
・芝生広場道路舗装
平成24年 ・播種後干ばつにより開花が1週間遅れる
・開花時期にオリンピックが開催され報道が減少
・「わが村は美しく」コンテストにより北中「世界のひまわり」奨励賞を受賞
・観光連携として、まつり最終日を沼田町「夜高あんどん」にあわせる。
・トイレを節水型に改修
平成23年 ・春の天候が悪く作付が1週間ぐらい遅れる
・3月11日の震災復興に向け「がんばろう日本」迷路を作成。
 NHK等各種TVマスコミで取り上げられる
・日本TV「黄色ハンカチ」オープニングシーンの撮影を行う
・氷川きよしがプロモーションビデオの撮影を行う
・第2展望台の改築と写真撮影ポイントを造成する
平成22年 ・30年記念誌の発行。
・ひまわりの里展望台を改築する。
・花火大会を昨年中止したが再開する(畑の中より打ち上げをする)
・7月末に大雨がふりひまわりが倒れる
・高速道路無料化等で国道を走る車減少し観光客が減少する
平成21年 ・ひまわりの里に水車3基設置、合鴨の池の整備を行う
・電気をノンノの森の中に引く、共栄のひまわりロードの町道を舗装道路にする。貸し自転車を有料化し、6,004人が使用
・6月、7月に雨天が続き開花が遅れる
平成20年 ・韓国のオリオン製菓のCMを行う
・日本テレビ「自転車百景」のロケ地となる
・ひまわりの里内を舗装道路にする
・ノンノに森内に散策路を拡張する
・アメリカ産のナッツ用種をオーストラリア産にする。草丈(茎)が高く開花も遅かった
・原油高騰で、観光客が減少して20万人台を切り19.4万人となる
・原油高騰や環境問題でひまわり油がバイオディーゼルで注目され問い合わせもあるが生産中止で対応不可
平成19年 ・干ばつによって一部ひまわりの成長が低かった
・干ばつによって7月中旬の早咲きと8月中旬に咲き出した遅咲きなどでひまわりの咲きが良くなかった
・ドラマ「牛に願いを」の撮影ロケ地となる
平成18年 ・ひまわりの里23.13ヘクタール過去最大作付面積130万本
・NHKニュースで全国放送・テレビ東京ぽちタマで全国放送される
・AIKOプロモーションビデオ撮影
平成17年 ・干ばつで消防のポンプを使い水まきを行う
平成16年 ・6~8月の猛暑と小雨により見頃が7~10日早まり4~6日で見頃を終えた
・日本テレビ「おもいっきりテレビ」でひまわり料理・ひまわり健康茶が全国放映される
・愛知万博スーパーハイビジョンがひまわりの里で撮影を行う
平成15年 ・ひまわりの里が20.8ヘクタールに拡大
・ひまわりの里に過去最高の104,000本のひまわりを作付け
・国道275号線沿い「ひまわりロード」培本社地区に拡大(現在に至る)
・TBS「はなまるマーケット」でひまわりの里が全国放映される
平成14年 ・ひまわり活性化事業に取り組む(北海道経済産業局:地域振興活性化事業補助金)(~15年。
・ひまわりの里に過去最高の933,000本のひまわりを作付け
・ひまわりボランタリー協会発足 ひまわりの里で観光ガイドを実施(~現在に至る)
・ひまわりの里で合鴨牧場を始める(~現在に至る)
・5、6月の日照りと7、8月の低温日照不足でひまわりの開花時期が遅れる
・ひまわりの開花期間を7月上旬~10月中旬まで延長する
・アメリカカンザス州上院議員スタイネガー氏来町
平成13年 ・ひまわりの里16.81ヘクタールに拡大
・ひまわりの里に隣接し桜並木造成を行う(~15年225本植樹)
・ひまわりサポーター募集(ひまわりの里草取り十字軍)を始める
・6月29日ひまわりの里が道内最大級の竜巻に襲われる
・7月の天候不順によりひまわりの開花期が遅れる
・KOBE2001ひと・まち・みらい「ひまわり市民シンポジウム」に発表者・パネラーとして参加
・絵はがき「ひまわりものがたり(北海道農業文化研究所)」発売(全道展会員竹内豊氏がひまわりの里を描く)
・日本テレビ「ズームイン朝」でひまわりの里が全国放映される
平成12年 ・ひまわりの里14.51ヘクタールに拡大
・「ひまわり観光大使」10名を委嘱(~13年)
・国道275号線沿い(碧水地区)で「ひまわりロード」を実施(~現在に至る)
・ひまわりの里でダチョウ牧場を始める(~現在に至る)
・ひまわり花火大会を始める(~現在に至る)
・「ひまわり蜂蜜かりんとう」を発売
・「産業活性化研究会」で「ひまわり花粉高度利用」に取り組む(~13年)
・ひまわりの里に隣接し「ひまわりパークゴルフ場」造成を行う(~15年27H)
・千葉県幕張メッセ「日本フラワーガーデンショウ」テーマ「ひまわり」でブース展示販売
・NHK「おはようニッポン」でひまわりの里が全国放映される
・著書「ひまわりからの贈り物~ひまわり花粉~」札幌市伊東裕氏自費出版
平成11年 ・ひまわり観光協会設立(観光協会の組織替え)
・ひまわりの里でライトアップ始める(~現在に至る)
・「ひまわりワイン羊羹」を発売
・「ニュースステーション」で夜のひまわりの里が全国放映される
平成10年 ・ひまわりの里13ヘクタールに拡大
・「北竜おかき」「ひまわりドラ焼き」「ひまわりゴマせんべい」を発売
平成9年 ・「ひまわりシンポジウム」を開催
・ひまわりもやし「ひまわりっ子」を発売
・「ひまわり観光プラザ」整備事業(ひまわり観光センター14店舗)
・「チーズ&バターマドレーヌ」「(ひまわり羊羹)ひまわりの夢」を発売
平成8年 ・「ひまわり観光プラザ」整備(駐車場:大型14台・普通485台、観光トイレ)
・「ひまわりワイン」(限定3,000本)を発売
・女性団体によりひまわりグッズにネーム取付
・NHK朝の連続ドラマ「ひまわり」のオープニングタイトルバックにひまわりの里が放映される
平成7年 ・「北のひまわり(ソレイユ)」発売
・「北竜観光大使」10名を委嘱(~8年)
・イチイ(町木)の森造成(~12年)
平成6年 ・「サンフラワーパークホテル」オープン
・「ひまわりおこし」発売。
平成5年 ・役場内に「ひまわり係」を新設 商工ひまわり観光係とする
・ひまわり作付け助成金を増額(2,000円/10a)(~14年)
・農協女性部のひまわり「一戸3アール自給運動」に拡大(~11年)
・特産品販売協議会設立(町・JA・商業振興協議会・サンフラワーパーク)
・無料ひまわり自転車の貸し出しを始める(~現在に至る)
・「ひまわり高度利用検討委員会」研究成果発表(ひまわり入浴剤・ひまわりバンク・ひまわり烏龍茶)
・「ひまわりアイスクリーム」「ひまわり健康茶(ハーブひまわり茶)」「ひまわりはちみつ飴」「ひまわりクッキー」を発売
・映画東宝「青空に一番近い場所」
 監督:鴻上尚史、主演:吉岡秀隆、長谷川真弓 ※ひまわりの里で撮影
平成4年 ・「サンフラワーパーク北竜温泉」オープン(温泉・レストラン・売店)
・「サンフラワーパイ」「ひまわり餅」「ドラゴンパイ」「北の太陽」を発売
・ひまわりキャラクター「ひまわり咲きちゃん」の愛称を一般公募
平成3年 ・宮城県野木町ひまわりシンポジウムにパネラーとして参加
・和、碧水市街に「ひまわり街路灯」100基設置
・ひまわり娘の委嘱(初代:高畑裕美、初田美佳)(~現在に至る)
・ひまわりキャラクターの一般公募
・ひまわりまつりをひまわりの里で行う(~現在に至る)
・ひまわりの里で北竜中学校の「世界のひまわりコーナー」を始める(~現在に至る)
・ひまわりの里に展望台を設置
・老人クラブ連合会ひまわりの里で観光ガイドを始める(~現在に至る)
・商工会で地域産業活性化振興支援事業を実施、ひまわり製品・手作り組み木に取り組む
・安田火災海上保険(株)よりゴッホの「ひまわり(複製画)の寄贈を受ける
・NHK「きょうの料理 ひまわりダンゴは太陽の味」が全国放映される
・テレビ朝日「サンデープロジェクト」でひまわりの里が全国放映される
・日本テレビ終戦記念特別番組「愛と悲しみのサハリン」主演:加勢大周
・斎藤由貴・松本伊代等 ※北雨ひまわり畑で撮影
平成2年 ・産学官による「ひまわり高度利用検討委員会」を発足し「入浴剤」「ひまわりドリンク」の研究開始(~5年)
・ひまわりの里売店組合設立、ひまわりの里で営業開始(3店舗)(~現在に至る)
・商工会で、地域小規模事業活性化推進事業(販路開拓支援事業)を実施しひまわり製品
・手作り組み木に取り組む
・ひまわり有機肥料を施肥したきらら397有機減農薬米「ひまわりゆうきくん」を発売
・「ひまわりラーメン」「ひまわりくん」を発売
・町と農協でひまわり種子買上助成を開始(100円/kg)(~14年)
・町と農協でひまわり作付け助成を開始(10,000円/10a)(~4年)
・ひまわりの里で「ひまわり迷路」「世界のひまわり栽培」を始める(~現在に至る)
平成元年 ・ひまわりの里を造成(約6ヘクタール)(~現在に至る)
・ひまわりの油カスを利用したひまわり有機肥料「ひまわり有機」「ひまわりヘルシー」を開発
・ひまわり有機肥料を施肥して栽培したきらら397有機減農薬米「ひまわりライス」を発売
・商工青年部の発案により商店・公共施設の壁にひまわり看板の設置
・搾油工程に追加機器を設置(水田農業確立対策推進事業)
・全国的なひまわりブームに問い合わせ殺到。
昭和63年 ・町、農協でプロジェクトチームを結成し、ひまわりの商品開発と市場調査等を行う
・商工会で、地域小規模事業活性化推進事業(むらおこし事業)を実施しひまわり製品、手作り組み木に取り組む
・「ひまわりはちみつ」「ほくりゅう恋詩」「サンフラワーの風」「ひまわりの里」を発売。
・ひまわり播種機2台を購入(水田農業確立対策推進事業)
・8月25.26日の集中豪雨により町内50ヘクタールが冠水、作柄6分程度に低下
昭和62年 ・第1回ひまわりまつりの開催(町民まつり.桜まつり.盆踊り.農業まつりを統合一本化)(~現在に至る)
・「サンフラワーフィッシュ」を発売
・油用短稈種ひまわりの栽培を開始
・ひまわり収穫機大型コンバインを導入(転作経営安定特別事業)
・NHKより「札幌花と緑の博覧会」で「太陽の塔」として使っていた「ひまわりの塔」を譲り受け農協広場に建てる
昭和60年 ・ひまわり加工施設の増設(集団営農用機会設備事業)
・ひまわり製品開発・販売のため商業振興共同組合を設立
昭和59年 ・ひまわりが干ばつの被害を受ける
・ひまわりの油カスを飼料として飼育した「ひまわり豚」を出荷
昭和58年 ・冷害でひまわりの子実が小さく穂留まりが低下する
昭和57年 ・ひまわり商品開発、栽培研究、施設投資、PR活動等、町、農協、商工会、改良区の協力体制を確立
・ひまわりの新商品開発のため、ナッツ用ひまわりの栽培を開始
・ひまわり脱穀機(転作経営特別対策事業)とナッツ加工機器(地域特産物振興事業)を導入
・道・ホクレン(ホクレンでは昭和51年よりひまわり栽培研究を行っていた)の関係機関の指導を受け、試行錯誤商品開発を行い、「ひまわり油」「ひまわりナッツ」「ひまわりナッツチョコ」等を発売 ・町花に「ひまわり」を制定
・北竜町宣伝マラソンの実施(~61年)
・札幌TV塔~JA北竜まで約100キロを25人のランナーでタスキをつなぐ。伴走車からメロン、キタヒカリ
・ひまわりの宣伝を行う
昭和56年 ・台風水害で倒状ひまわりが多かった
・専修大学北海道短期大学吉田富穂教授、新家憲司教授がひまわり油によるディーゼルエンジンの代替え燃料を発表
昭和55年 ・農協女性部がひまわりの「1戸1アール自給運動」に取り組む(~平成4)
・ひまわり搾油機他関連機器を導入し搾油を開始
昭和54年 ・農協職員がヨーロッパ農業研修でひまわりに着目

お問い合わせフォーム

人口・世帯数
(平成29年6月1日現在)